むちことは一体どんな人なのか自己紹介してみる

自分のこと

ブログへ遊びに来てくださってありがとうございます!

 

こんにちは、管理人の【むちこ】です◎

今回は私の自己紹介をしてみたいと思いますので、どうぞ最後まで見てやってください。

いきなりブログを始めたきっかけのお話

そうなんです、見出しの通りいきなりブログを始めた30代専業主婦のむちこなんです。

というのも元々はちまちまとライターの仕事をさせていただいてて、自分のお小遣い稼ぎをしていたんです、ライターの仕事も突然始めたんですけどね・・・

そんなある日むちこが毎日楽しく利用しているSNSにて、たまたま同じライターの仕事をされてる人がいたんです。

そこでその人はむちこの心を動かす一言を放ったんですよ、その一言とは・・・

ライターの仕事をしてるとその記事の著作権を譲渡することになるのが寂しい

むちこはとっても共感してしまったんですよね、むしろ激しく同意しちゃいました!!

それまでは普通に毎日カタカタ文字打っては納品をしてお小遣いをちまちまと稼いでいたわけで、その彼女の一言がなかったら自分から情報を発信してみようかななんて発想に辿り着いてなかったわけです。

これって今まで回り道してしまってたってこと??

意外とそんなこともないなぁと思ったのが、ライターの仕事をしてきたことでパソコンをさわる機会が増えて、文章を書くのが楽しいと思えていることなんですよね。

そこでこの度晴れてブロガーデビューを決心しました。

 

むちこの今までの自分を振り返ってみる

むちこは30代で主人と3人の子供と5人で暮らしています。

2人目が生まれるころからは今まで大好きだった洋服やコスメ収集がピタッと止まってしまったの・・・いま思うとなんで?と自分に言い聞かせてやりたいんですけど(笑)

2人目を出産したあとは結構バタバタしてしまって、よくある自分の身なりを気にする余裕がなかったんですよね。

コスメはそれまで買いだめてたもののなかから必要な時だけメイクをして(基本電車の移動があるような時にしかメイクしない)、スキンケアは適当にドラッグストアで売ってるやつだった。

その間は保育園へ預けながら正社員として営業の仕事をしていたんですが、毎日頑張って働いているうちになんと3人目の妊娠が発覚!!

これにはさすがに驚いた。

営業を頑張っていた会社にて産休育休をいただいて産後1年くらから復帰を目指していたものの保育園が決まらず、結局会社を辞めることに・・・そんなこんなで保育園入園を希望していたら退職した翌月に保育園が決まるというタイミング。

辞めなきゃよかったとも思ったが後悔しても仕方ないので同じ業種の会社へ再就職をして、また営業の仕事を始める。

むちこ再就職先でまさかの事態になる?

入社して半年これからめちゃくちゃ頑張ろうと思っていたところに事件が起こった・・・母親が歩けなくなってしまい長期の入院をすることになってしまったのだ。

むちこの母親は一人暮らしをしているから入院したら3兄弟(むちこは末っ子)の誰がお世話するんじゃと焦りながらも母親のことが心配だったもんで仕事の合間をみては頻繁にお見舞いへ行ってた。

そうこうしてたらあっという間に2か月の月日が経っていて、むちこは片道1時間半かけてお見舞いへ行くこともしんどくなっていった矢先にいきなり病院から連絡が・・・忘れもしない、保育園へ子供の進級祝いの行事に参加しているときだった。

「お母さんの容態が非常に悪いので大きい病院へ転院することになりました。ご家族の方どなたか来られないでしょうか」と・・・

その時のむちこは意味不明すぎて信じられなかった、2日前までは元気にしてたのにって。

行事を終えて帰宅してから子供たちは主人へ任せてすぐ転院先の病院へ向かって対面した母親は変わり果てた様子で私のことも認識できていなかった。

医師からは急性腎不全で重篤な状態ですと言われ処置室からICUへ移動したころには5時間は経っていて、集まっていた兄弟と母親を目の前にしたら、母親はゆっくり最期の言葉を語るかのようだったのを鮮明に憶えているし今も忘れられないほどの衝撃だった。

それからしばらくの間ICUへお見舞いに足を運んで容態が安定してからは大部屋で1か月半ほど入院をして、2つの病院での入院期間は4か月になった。

母親の入院期間中に無理をしすぎていた私は病院でドクターストップがかかり仕事を求職をすることに・・・うつ病だった。

なかなか回復せず医師の診断書を1年間提出し続けて、とうとう退職をすることにした・・・

母親は医療の力で元気になることができ、歩行困難ではあるものの毎日元気に暮らしている。

私は毎日寝たきりの生活になっていた。まさか自分が病気になるなんて・・・

むちこのうつ病になってからの今まで

そんなこんなで色々な理由が重なりうつ病になったむちこですが、これがかなりしんどかった・・・今も寛解したわけではないんですけどね、当時は本当に酷くて食事はまともに摂れない毎日寝たきりでスマホすら見てなかったです。

主治医には初めて罹患する人は3か月ほどでよくなるって言われてたけど、いっこうに良くならなかった。

うつ病2年目のときは1か月間入院もしたことがある、このときばかりは家族に迷惑をかけてしまったと後悔している・・・

退院をしてからの行動は多少病状がマシにはなったものの家事育児はほぼできていません、主人がある程度やってくれています。

そこからずっと病状は小波を繰り返して今に至っています。

私の病状はさておいて、なんでまた美容が気になりだしたのかを書いてみました。

むちこが再び見た目を気にしはじめた模様

20代前半までは見た目ばっか気にして洋服やコスメに散財しまくっていたむちこは、当時スキンケアには全く興味がなくスキンケア?なんのこと?みたいな感覚だったの、メイクだけはちゃんと落としてたよ!

まぁこれは若かったからという理由で片付けます(笑)

あるとき主人にコスメたちを収納するドレッサーを買ってもらった。

始めこそ嬉しくて使っていたけど整理整頓がめちゃくちゃ苦手なむちこはドレッサーの整理をすることができず、ただの物置きと化したため5年ほどで粗大ゴミとして処分した。

3人子供がいると時間もお金もなくなるーーー!

ということで20代後半はひたすらただの疲れたお母さんしてました。

 

30代に突入して以前の職場で「むちこさん赤いリップとかつけないの?」と言われ、初めて資生堂の化粧品専門店とやらに足を運んでBAさんに赤いリップを選んでもらい購入した。

さっそく赤いリップをつけて出社したら「似合う!」「今日のメイク素敵~」など思ってた以上の反応で専門店に並ぶ化粧品やデパコスがキラキラして見えて調子に乗りはじめることとなる。

そこからは化粧品専門店へ月2回ほど通うようになりコスメを買うこともあればフェイシャルマッサージを受けたりすることも・・・。

そんなこんなしてるうちに資生堂のなかでの色々なコスメへ執着していくようになり、コスメ収集をしているなかでついにスキンケアも気にしだすようになってきた。

それまでスキンケアの順番すら気にしなくて済むオールインワンに頼りまくってたため、新しいスキンケア商品を使用しはじめたら一気に女子力が上がった気がして化粧品専門店へ通う足は止まらなかった。

あまりにも調子に乗りすぎたむちこは主人にお金の使いすぎを注意された・・・当たり前だよね(笑)

むちこ反省をして美容への執着を見直してみることにする

散々お金を使って主人から注意をされたんですけど、そりゃ家族5人で生活をしていてお母さんだけたくさんお金を使うのはいかんですよね、すみません反省しています・・・。

若いころの好きなものを好きなだけの生活で色んな失敗もあった。

一番あるあるなのが使わないコスメなのに限定だからとか、パッケージが可愛いからという理由で買ったりね。

それって本当に必要だった?って主人から言われたときにドキッとしちゃうこともかなり多かったから、今までの経験を生かして主婦でも背伸びしすぎずコスメやスキンケアなどの美容を楽しめる方法をブログを通して情報発信できたらと思っています。

むちこの自己紹介まとめ

結局はむちこ自身が好き勝手色んな化粧品を買っていたのは事実で。

だけど今はなぜ見栄を張っていたんだろう?無理しすぎちゃったと後悔。

そして今の背伸びしすぎないけど、主婦として女性としての楽しみを見つけて行きたい、色んな女性への息抜きや楽しい場所を見つけてもらうために。

自分の女性らしさにも気をかけつつ今を楽しく暮らしていけるような主婦向けの美容ブログです。

このお話は2019年10月時点のものです。

コメント